シェアする

ベビーゲートをどうやって選ぶか?

Babygate

階段や台所などの危険な場所にベビーゲートを置きたいと思い、調べてみました。

ベビーゲートは必要?

活発に動き回るようになるとうれしい反面、危険なものに触ってほしくはありません。特に階段がある場合は危険極まりないのでベビーゲートは必須になるでしょう台所も包丁や熱湯などの危険なものがたくさんあるので、台所に入ってこれないようにベビーゲートを付けた方が安全です。また、テレビに手を触れて倒してしまったら大変ですし、ソファーから落下すると危険なので、テレビやソファーを囲ったという方もいます。壁と長いベビーゲート、または長いベビーゲートを2つで、ベビーサークルのように子供の安全な遊び場を作ることもできます。たいていの方はベビーサークルやベビーゲートを用意しています

ベビーゲートはいつからいつまで必要になる?

寝返りやハイハイし出すとそろそろベビーサークルまたはベビーゲートを用意した方がよいと思います。購入するのはだいたい6ヶ月頃が多いようです。2〜3歳頃には「危ないからダメ」と言われれば素直に言うことを聞くようになったので要らなくなったという意見が多いです。

ベビーサークルとベビーゲートの違いは?

ベビーサークル

ベビーサークルは四角形や六角形で囲うので、その中で安全に子供を遊ばせる遊び場を作ってあげることができます。かなり広くなりますし、ベビーサークル自体がかなり圧迫感があります。リビングルームに広く遊び場を作ろうという場合には適しています。大きさや素材によりますが、8000円から15000円くらいです。ベビーサークルについてはこちらの記事にまとめています。

ベビーゲート(ベビーフェンス)

ベビーゲートは階段や台所など危険な場所に設置し、そこから先に行けないようにします。価格は3000円から5000円くらいです。部屋を仕切ったりサークルにできるような長いベビーゲートは15000円から20000円くらいします。

階段上に設置できるベビーゲートは限られている?

ベビーゲートは壁に突っ張って設置するタイプ壁にネジ止めして設置するタイプがあります。壁に突っ張って設置するタイプは足元に棒が置かれるのでつまずきやすく、階段上には設置できないのです。口コミなどを見ると階段上に設置している方もいますが、あくまで自己責任です。壁にネジ止めして設置するタイプでは足元には何もないので階段上に設置することができますが、賃貸住宅では穴が空いてしまうので取り付けることができません。階段上に設置したい場合、持ち家であれば壁にネジ止めして設置するタイプのベビーゲートがいいでしょう。賃貸住宅の場合、階段のすぐ上ではなく、階段前の柱などに設置するのがよいと思います。

ベビーゲートはどんな種類があるか?

設置の仕方でわけると、壁に突っ張って設置するタイプ壁にネジ止めして設置するタイプの2種類があります。また、素材でわけると、スチール製、木製、プラスチック製、メッシュ製があります。

壁に突っ張って設置するタイプ

賃貸住宅だとこのタイプに限られます。利点としては壁に穴を開けずに設置できることがあります。欠点としては足元に棒があるのでつまづく恐れがあり、階段上すぐの場所には設置できないということがあります。階段の上に設置したい場合は、階段のすぐ上ではなく、少し先の柱に設置するなどしましょう。

・NEWベビーズゲイト123 日本育児 幅73~90×高さ76.5cm スチール製

良い口コミ:木製のものを以前使っていたら壊されたが、これはスチール製なので頑丈で壊れない。前後にドアが開き、手を離せば自動で閉まるのは便利。スマートでシンプルなのでインテリアになじむ。拡張できるのもよい。

悪い口コミ:開閉の音が大きい。ゲート音がキイキイする。開放しておくことができない。手足が挟まる。片手では開けにくい。

・オートバックウッドベビーゲート123 カトージ 幅76~86×高さ75cm 木製

良い口コミ:取り付けが簡単。前後にドアが開き、手を離せば自動で閉まるのは便利。木製なのでインテリアになじむ。拡張できるのもよい。

悪い口コミ:開閉の音が大きい。開放しておくことができない。レバーのスライドが固くてなかなか開けられない。開けるにはかなりの力がいるため、片手では難しい。

・オートロックベビーゲートセーフティ コンビ 幅69~84×高さ118.3cm メッシュ製

良い口コミ:両手がふさがっていても開けられるので便利。ロックがかなり高い位置にあるため大人は使いやすく、小さい子供は届かない。逆に4歳ぐらいの子供でも押せば開くので身長が届けば開けやすい。

悪い口コミ:開閉にやや力がいる。オートロック時の閉まる音が大きい。

・ふわふわとおせんぼKS 日本育児 幅65~90×高さ60cm メッシュ製

良い口コミ:取り付けが簡単。頑丈で子供が寄りかかっても倒れない。

悪い口コミ:またぐのが大変。取り付けに両面テープが必要だった。子供が下からくぐってしまう。

・スーパーワイドゲイト 日本育児 幅165-363×高さ76.5cm メッシュ製

良い口コミ:かなり長いので部屋を仕切ったり2つつなげてサークルにできるのは便利。別売りの”どこでもポールセット”を併用するとビス止めなしで設置できる。

悪い口コミ:ビス止めでの設置なので賃貸住宅だと”どこでもポールセット”を購入しなければならなかった。扉の開閉にコツがいる。

・キッズパーテーション 日本育児 高さ61cm プラスチック製

良い口コミ:自由にレイアウトが変えられ、必要になればパーツが追加できる。子供が動かしても倒れない。

悪い口コミ:子供が脇の部分からすり抜けてしまう。

壁にネジ止めして設置するタイプ

持ち家であれば壁にネジ止めして設置するタイプがオススメです。ぐらついたりつまづいたりすることがないので、頑丈で安心ですし階段上にも設置できます。欠点はやはり壁に穴が開いてしまうということです。

・グレイッシュベビーゲート JTC 幅68~94×高さ91cm

良い口コミ:大人のつまずき防止にステップガードがある。高さがあるので安心。取り付けが簡単。

悪い口コミ:開閉音が大きい。子供がよじ登って解錠されてしまった。

・ベビーゲート ガードミー ベビーダン 幅55〜89×高さ70cm

良い口コミ:子供を抱っこしながら開閉できる。ゲートを開けていても蛇腹状に折りたたまれるので見た目にもスッキリとしています。

悪い口コミ:開閉のスイッチが硬くて力がいる。値段が高い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする